About Me

山本翔太(やまもとしょうた)作曲家・編曲家
愛知県尾張旭市。1988年生まれ。4歳でピアノを始めるが8歳で勝手に教室を辞めてくる。しかし色々あって14歳の時にドイツで観たコンサートに感動した等の理由で音楽、特に曲を作る事に興味が出てピアノ・作曲を美口啓子氏に師事する。高校の時にギル・エヴァンスを知りジャズの作編曲に興味を持ち甲陽音楽学院に入学、ジャズコンポジション・クラシックの作曲法を学ぶ。

2010年より京都コンポーザーズジャズオーケストラの作家として、伝統的なジャズから現代曲まで数々の意欲的な作編曲を発表、国内外での公演や10作以上のアルバム、様々なソリストやシンガーを迎えた企画などに作品を提供し高い評価を得る。国際大会での受賞曲も多い。

2015年ジャズシンガー粟田麻利子とのプロジェクト、誰もが知る童謡や日本の歌をアレンジする「さとのうた」を結成。「斬新なのに耳と心にじんわり来る」というコンセプトはファミリー層からプロの音楽家まで幅広い支持を得ている。翌年ファーストアルバム「1さい」を発売。2017年には尾張旭市文化会館大ホールで会館事業としてコンサートを行う。

2017年名古屋市メキシコシティ姉妹都市提携40周年記念事業で世界的マリンバ楽団マリオ・ナンダヤパ・カルテット(マリンバ・ナンダヤパ)へ作品を提供、同公演を含むメキシコツアーに参加。

その他にも国内外のアーティストへ委嘱作品を提供する他、詩曲・脚本を手がけた音楽劇や、ナゴヤドームで行われた千人の合唱、ビッグバンド譜出版、テレビ放送音源制作など、幅広い分野に作品を提供している。

レコーディング
出版

Shota Yamamoto (Composer / Arranger)

Shota YAMAMOTO was born in 1988 in Aichi, Japan. He began to learn the piano at the age of 4, but cookie-cutter lessons weren't his interest. However, at the age of 14, he went to a concert in Germany and he was attracted to the music. After that experience, he began to listen to the music of Gil Evans and Maria Schneider. He was influenced a lot by their innovative sounds, and that was a turning point of his music life. He studied jazz and classical composition at Koyo conservatory, a partnership school of Berklee in Japan.

Shota began his career by joining Kyoto Composers Jazz Orchestra in 2010. He wrote over 150 compositions and arrangements for this band, and the pieces are played at their concerts all over Japan. His compositions are recorded in more than 10 albums.

Some compositions won international competitions, e.g. American Songwriting Awards 2017 Best Jazz Award, SongDoor 2018 Special Recognition and International Songwriting Competition 2016/2018 Honorable Mention.

In 2015, Shota started a project “Satono-Uta” with a jazz vocalist, Mariko AWADA. It covers Japanese traditional songs and children's songs. The subscribers of Satono-Uta YouTube Channel are over 10,000 people now.

Besides these projects, Shota is writing for musicians in various genres, theaters, events and broadcasts.

In 2017, he wrote some compositions for a Mexican famous marimba group “Mario Nandayapa Quartet (a.k.a. Marimba Nandayapa)”, and succeeded a tour in Mexico.

In 2018, Kyoto Composers J.O. released an album “Hyojo ~the music of Shota Yamamoto~”. All tracks are his brand new compositions, and the CD is a great hit.

Recordings
Publishing

Archives

International Songwriting Competition 2018 Honorable Mention (2 songs)
"Bump", "Play with a Phantom" の2曲がノミネートされ、Honorable Mentionを受賞しました。

SongDoor International Songwriting Contest 2018 Special Recognition
"Between Two Stars" がSpecial Recognition (特別表彰) をいただきました。

American Songwriting Awards 2017 Winner
"Ancient Incense" がジャズ部門最優秀賞を受賞しました。

Hollywood Songwriting Contest 2016 Best Jazz Song
"Ancient Incense" がジャズ部門最優秀賞を受賞しました。

International Songwriting Competition 2016 Honorable Mention
"Blue Reflection" が Honorable Mention を受賞しました。
一般人気投票People's Voiceで全部門300以上のファイナリスト作品の中から総合22位、ジャズ作品中1位を獲得しました。

Regular Projects

京都コンポーザーズジャズオーケストラ
谷口知巳(tb)主宰、関西の精鋭を集めて結成された「京都コンポーザーズジャズオーケストラ」。レジデント・コンポーザーとしてライブ/コンサートやレコーディングに提供しています。

日本の歌プロジェクト「さとのうた
ジャズシンガーソングライター粟田麻利子さんとのプロジェクト「さとのうた」。童謡・唱歌など世代を超えて愛される素敵な日本の歌を採り上げ、斬新に編曲しながらも、耳と心にぬくもりがじんわりと届くような作品をつくる。ほぼ1ヶ月に1曲のペースでYoutube内の「さとのうたチャンネル」にて新作を発表。