さとのうた第3弾は高揚感満載アフリカンビートの「かえるの合唱」粟田麻利子×山本翔太プロジェクト

こんにちは、山本です。書き出しで定番の天気の話でもしようと思いましたが、暑くて暑くて暑いですね以外出てこないので早速本題いきます。

ジャズシンガーソングライター粟田麻利子さんと私の童謡プロジェクト「さとのうた」第3弾です!
今回はもう梅雨近しということで、”か〜え〜る〜の〜う〜た〜が〜♪き〜こ〜え〜て〜く〜る〜よ〜♪”誰もが知ってる「かえるの合唱」です!実はメロディはドイツ民謡らしいのですが、日本の作曲家(作詞家ではないらしいです)岡本敏明氏が歌詞をつけて日本で童謡として歌われるようになりました。
癒し系な前作2作とはうって変わって、わくわくドキドキなアフリカンビートと緊張感のあるリハモナイゼーション(コードを変えること)で斬新なアレンジになっています!

今回はうたも面白くて、まりちー(粟田さん)がかえるの合唱でおなじみ「輪唱」をひとりでやってくれています。何パートもあり、さらに一つのパートを何回も重ねてコーラスみたいになっています。さて、今回まりちーは何人いるのでしょうか?

ちなみに今回はアマガエルや雨の写真を撮ろう、と思いきや週間天気を見たらなんと嬉しや悲しや晴れの連続!困った、これじゃ素材が集まらない。と、僕のことを知ってる人はもうこの先どうするのかお分かりですよね。これはもう自分で書くしかねえ!ということで自分で描きました。
おたまじゃくし(実は音符のつもり)のお腹に歌詞が流れていきますが、アニメーターじゃない僕のパソコンには当然そういうためのソフトが入っているわけもなく、結局全部で106枚の画像を時間指定で順番に表示していくというパラパラマンガみたいな手法で作成しました。単純作業の連続で、いつ終わるんだと思ってやっていましたが、そういう風に思っていると余計長く感じると思い途中から逆に「あ〜もう終わっちゃうよ〜楽しいのにな〜終わりたくないよ〜」と自分に言い聞かせながらやりました。体感時間は特に変わりませんでした。

なにはともあれ「かえるの合唱」アフリカンビートバージョン、ぜひお聴きください!

ヴォーカル (粟田麻利子)
ピアノ (Pianoteq)
ベース (SoundScan Bass)
ドラム (Kontakt – Studio Drummer)
パーカッション (Kontakt, Apple Loops)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA