粟田麻利子(vo)×山本翔太(作) 童謡唱歌を歌う「さとのうた」プロジェクト始動!第一弾は「どこかで春が」

ブログ始めました。ブログ始める時って何かそれっぽい挨拶とかいるんですかね?ブログ始めました!

さて、唐突ですが新しいプロジェクトが始まりました!その名も「さとのうた」。
ジャズの名門バークリー音大卒でとっても素敵なセンスと歌声をもつジャズシンガーソングライター粟田麻利子(あわだまりこ)さんとのなかよしプロジェクトです!( ´ ▽ `)ノヾ(o´∀`o)
粟田さんとはジャズコーラス「プチプチ」も一緒にやっていて、勝手知ったる感じなので始まったばかりのプロジェクトですがいい感じの呼吸で進んでいくのが心地いいですね。

あんまり学がないのでテキトーなこと言ってると怒られるかもしれませんが、近代になって日本にも西洋音楽の文化が入ってきて、西洋の音楽作法と日本の歌心が融合して数々の名曲が生まれましたよね。日本人が作詞作曲したものはもちろん、「仰げば尊し」や「蛍の光」どといった外国曲に日本の歌詞をつけたものも数多くあります。このプロジェクトではそうやって歌い継がれてきた童謡や唱歌など素敵な日本の歌を採り上げて、ハーモニーやリズムなど新しくアレンジしながらも耳と心にじんわりと馴染むような作品づくりをしていきたいと思っています。
月に一曲ずつ(努力目標!)その時期の旬の音楽をYoutubeにアップしていって、貯まっていったらCDか何かで配信したりできるといいなあ。

前置きが長くなってしまいました。その第一弾が、春先の情景を歌った百田宗治作詞・草川信作曲の名曲「どこかで春が」。瑞々しい歌声、アレンジと写真でお届けします。

ヴォーカル (粟田麻利子)
ピアノ (Pianoteq – Bruthner)

そういえば、この動画のために久しぶりに写真を撮りまくりました。もしかしたらアレンジしてる時間より写真取りに行ってる時間の方が長かったかも?(笑)

来月は何を作ろうかな、楽しみにしていてくださいね!
ブログもちゃんと続けます、なるべく、多分!なので今後ともよろしくお願いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA